【レポートの書き方】大学生が1時間以内のまとめでレポートAプラスを取るため5つの方法

レポート

大学生が1時間以内のまとめでレポートAプラスを取るため5つの方法

  1. テーマはできるだけ範囲を絞る。
  2. 文章構成を確りする(序論、本論、結論)。
  3. 比較をする(議題Aと議題Bの比較)
  4. 誤字脱字をしない(wordの文章校正を活用しましょう)。
  5. 自分の考え(考察)を確り書く(結論部分で記述します)。
これを守れば良い点が取れると考えます。

テーマはできるだけ範囲を絞る

教授から大きなテーマを与えられた場合でも、授業中または授業後に、自分でテーマを細かく砕き、このテーマでよいか、ということを質問した上でレポートを書き始めるようにしましょう。

あまりにも大きなテーマの場合、Storyが分散し、まとまりがない内容となってしまいます。基本的に2つのテーマで比較をすると読み手もすんなりレポートを読むことができるため、なるべく2つの議題で話ができるように細かくするようにしましょう。

 

例:「今後の日本経済について、自由に論ぜよ(1600字)」

大きなテーマ:日本経済
絞った結果:
 1.現在の日本経済は自動車業界が牽引している。日本の三台メーカーのうちの2社を選択し、現状と今後について比較し、日本経済についての影響力を述べる。
 2.動画広告市場が急成長を遂げている。従来の広告市場との現状、今後の予測について比較し、日本経済についての影響力を述べる。

文章構成を確りする(序論、本論、結論)

 

序論:

このテーマを記述するきっかけから本論で述べる内容までについてを述べる、ウォーミングアップの状態(全体の20%程度の文字量、1,600文字であれば約320文字)。

例:

  • 現在の日本経済において〜
  • 近年、急成長を遂げている〜

などの書き出しが一般的である。

 

本論:

テーマの主軸となる内容を記述する。本番のレースと同じ状態(全体の60%程度の文字量、1,600文字であれば、約960文字)

例:

  • 現状、自動車会社Aはハイブリッド車から電気自動車まで網羅的に開発に取り組んでいるが、一方、自動車会社Bはハイブリッド車と水素自動車に注力をしている〜
  • 急成長を遂げている動画市場と従来の広告市場を比較すると、現状は○点の差異が生じているが今後△の部分で有意差が生じる可能性があり〜

 

結論:

本論での協議事項のまとめを記述する。レース終了後の表彰式の状態(全体の20%程度の文字量、1,600文字であれば、約320文字)

例:

  • 結論として自動車会社A及びBの社会的活動により日本経済は現状より上昇を遂げると考えられる。
  • 動画広告市場が繁栄することにより日本経済が現状より拡大すると考えられる。

比較をする(議題Aと議題Bの比較)

基本的に比較をすることで本論及び結論の内容が厚みが増す。Storyの展開も容易となる。

誤字脱字をしない

一通り書き終わった後、Wordの文章校正を利用しましょう。

自分の考え(考察)を確り書く

結論部分で、このように考える、など自分の考えを確り記述しましょう。

まとめ

  1. テーマはできるだけ範囲を絞る。
  2. 文章構成を確りする(序論、本論、結論)。
  3. 比較をする(議題Aと議題Bの比較)
  4. 誤字脱字をしない(wordの文章校正を活用しましょう)。
  5. 自分の考え(考察)を確り書く(結論部分で記述します)。

上記5点を取り入れることで、レポートの評価は高まると考えます。以上、お読みいただき誠にありがとうございました。

 

コメント

  1. […] 【レポートの書き方】大学生が1時間以内のまとめでレポートAプラスを取るため5つの方法 […]

  2. […] 【レポートの書き方】大学生が1時間以内のまとめでレポートAプラスを取るため5つの方法 […]

  3. […] 【レポートの書き方】大学生が1時間以内のまとめでレポートAプラスを取るため5つの方法 […]

  4. […] 【レポートの書き方】大学生が1時間以内のまとめでレポートAプラスを取るため5つの方法 […]

  5. […] 【レポートの書き方】大学生が1時間以内のまとめでレポートAプラスを取るため5つの方法 […]

  6. […] 【レポートの書き方】大学生が1時間以内のまとめでレポートAプラスを取るため5つの方法 […]

  7. […] 【レポートの書き方】大学生が1時間以内のまとめでレポートAプラスを取るため5つの方法 […]

タイトルとURLをコピーしました