中村さんのブログを読んでブログ設計図を学ぶ

ブログの設計図が良く分からないため先駆者の模倣をする。

設計図を書くために以下の内容が必要であることが分かった。

 

1.コンセプト(誰に、何を、どのように伝えるか)を決めること

 

例えば

Aという店には、「この道一筋20年。味噌ラーメン専門店です」

Bという店には、「味噌、醤油、とんこつ、塩、なんでもおいしいラーメン店です」

 

Aのようなコンセプトを作ること。

 

2.テーマを選定すること

例 子育ての専門サイト

(子育ての何? を明確にする)

 

3.知識をインプットすること

(書籍を読む、実体験をまとめる)

 

4.想定読者の悩みをリサーチすること

(Yahoo 知恵袋で調べる)

 

5.ターゲット(ペルソナ)を選定すること

(ワンオペ多い、0-12歳、言うこと聞かない子供を持つ親)

(誰に届けたいメッセージなのかを知ること)

(共感を意識すること)

 

6.キーワードを選定すること(UberSuggest)

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

 

 

UberSuggestを使う

Ubersuggest

 

(今回は 子育て アプリ と検索)

キーワード VOL CPC SD
子育て アプリ 1,900 ¥128.29 26
子育て アプリ 自治体 90 ¥68.24 17

 

7.読者の悩みを解決するための文書を作成する。

何かしらの目的がある。

子育て アプリを使う人の悩みを炙り出し、その悩み、ニーズにそう文書を記述する。

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました